×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

介護ボランティアとは

介護とは、障害者など体の不自由な人、高齢者や病気の人々を介抱して世話をすることです。日本での介護の歴史は1892年までさかのぼり、恩給の給付基準としての概念でしたが、‘介護’という言葉が一般的に出回るようになったのは、1970年代後半からの障害者による公的介護保障を求める運動が起こってからなのです。障害を持っている人々を家族だけで支えるのではなく社会全体で救済するために介護人派遣事業が制度化されました。在宅介護サービスが一般化したもののサービス利用者は約1割程度。まだまだ日本は介護に対して遅れています。介護や看護に対する家族の負担は大きく、介護疲れによる悲惨な出来事も後を絶ちません。介護の問題は社会の問題なのです。ボランティアは自発的に報酬を要求しない活動でラテン語でいう志願者のことです。ボランティア活動の一環で介護ボランティアというものがまだまだ広まってはいませんが、今後ボランティア意識を高めて介護ボランティアの存在が発展するといい社会になるでしょう。ただし、慈悲の気持ちだけで介護できるわけではありません。やはり介護ボランティアには知識が必要になります。

介護ボランティアの知識

介護ボランティアは優しい心が必要ですが、それだけでは不十分です。介護ボランティアとして活躍するためにある程度の知識が必要になります。介護ボランティアには、介護される側の障害を持った方々が、その障害の程度や生活環境の違いによって異なる福祉機器や自助具のことも考えてあげることができます。年々その質は向上していて、それらの危機によって介護される人が快適な生活を送ることができ、も介護するボランティアも少しでも負担が減ることで介護ボランティアとしての仕事をしやすくなります。そのためには介護されるひと、介護する人の側の双方で不自由をなくすような創意工夫を考えていかなければなりません。日常生活に役立つ補助具や脱ぎ着しやすい衣服など生活を快適にするアイデアも介護ボランティアの仕事です。また、外出時には危険がいっぱいです。健常者にはわからない不便が数多くあるのです。介護ボランティアをするだけでなく介護される側の気持ちを考えながら小さいことから不便を解決できるように手助けしていきたいものです。

スポンサード リンク

介護ボランティアに必要なこと

介護ボランティアをするにあたって、介護ボランティア自身の安全も大切です。国内におけるボランティア活動での事故などから守るボランティア保険というものがあります。ボランティア活動中のけがや交通事故などに適用される傷害保険、介護ボランティアをしている最中に介護される方に誤ってけがをさせてしまうかもしれません。また、ボランティ活動場所と自宅間の往復途上の事故も補償の対象です。置ボランティア保険の保証期間は毎年4月1日から翌年の3月31日の1年間です。途中で加入しても終わりは年度内の3月31日になります。対象となるボランティア活動は、介護など自発的に他人、社会に貢献をする目的をもって行われる活動で、対価を求めないことが条件です。また、ボランティ活動には、ボランティア研修会の企画や参加、運営会議等についても含まれます。ただし、保障対象に含まれない行為もありますのでよく規約を読み込みましょう。介護ボランティアが社会に根付くためにも介護ボランティアの立場もしっかり守ってよりよい社会になればいいですね。

Copyright © 2008 介護ボランティアで社会を支える